Schesule

2018.11.09 (Fri) Theo Parrish & Marcellus Pittman @NOON, Osaka

- Theo Parrish & Marcellus Pittman -

Theo ParrishとMarcellus PittmanによるB2B Open to Last set!
Sound Signatureからリリースされた『Essential Selections』を経て、3ChairsやT.O.M Projectに参加する、Theo ParrishとMarcellus Pittman。
親友であり、またお互いの音楽性の良き理解者であるこの2人によるB2Bは、互いの選曲やMixを刺激し合うセッションになるだろう。

DJ:
Theo Parrish & Marcellus Pittman
– open to last -

PA: Kabamix

Open/Start 22:00

Advanced 3000yen +1Drink
*Advanced ticket at RA, e+, lawson(52884), newtone, Root Down, Jet Set

Door 3500yen +1Drink

Supported By COCALERO

Info: NOON + CAFE
http://noon-cafe.com
大阪市北区中崎西3-3-8
TEL 06-6373-4919

Theo Parrish and Marcellus Pittman @DEKMANTEL
https://www.facebook.com/dkmntl/videos/theo-parrish-and-marcellus-pittman-do-we-need-to-say-more/1396154547078385/

Theo Parrish and Marcellus Pittman @Corsica Studios

*******************************

_TheoParrish2017

Theo Parrish (Sound Signature)

デトロイトに拠点をおくアーティスト、Theo Parrish。ワシントンDCに生まれ、年少期をシカゴで育つ。またその後カンザスシティー、Kansas City Art InstituteではSound Sculpture(音の彫刻)を専攻。1994年、デトロイトに移住。1997年、レ-ベルSound Signatureを立ち上げ、常に新しい発想と自由な表現で次々に作品を世に送り出す。2013年にはSound SignatureのシスターレーベルWildheart Recordingsを始動している。2014年、5thアルバム『American Intelligence』をリリース。ロンドンのクラブPlastic Peopleでの月1回のレギュラーを終え、現在デトロイトでのローカルパーティーMusic Gallery Detroitを年2-3回のペースで開催している。他のアーティストへのサポートも積極的に行い、Jay Daniel, Specter, Dego&Kaidi, GE-OLOGY, Leron Carson, Byron The Aquarius, Alton Millerの作品をSound Signatureよりリリース。2016年にはレーベルコンピレーションCD『Sound Signature Presents: These Songs That Should’ve Been Out On Wax By Now – Part 1&2』がリリースされている。

http://www.soundsignature.net

“Love of the music should be the driving force of any producer,performer or DJ. Everything else stems from that core, that love. With that love, sampling can become a method of tasteful assembly, collage, as opposed to a creative crutch, plagiarism. Using this same understanding openly & respectfully, can turn DJing into spiritual participation. It can turn a few hours of selection into essential history, necessary listening through movement.” (Theo Parrish)

「音楽への愛」こそがプロデューサー、パフォーマー、DJ達の原動力であるべきだ。この想いがあれば、サンプリングという方法は、盗作でもなく、音作りへの近道でもなく、個性あるの音のコラージュになる。それと同じ理解と想いを持つことにより、DJもまたスピリチュアルな行為となり得る。数時間分の選曲が、本質を伴った歴史の物語となり、動きを伴った音楽体験となる。(セオ・パリッシュ 訳:Yuko Asanuma)

*******************************

MarcellusPittman

Marcellus Pittman (Unirhythm / from Detroit)

マーセラス・ピットマンは、デトロイトに生まれ育ち、レーベルUnirhythmを主宰する。
10代初めにはローカルのラジオステーションWJZZの熱心なリスナーになり多くを学び、Larry “Doc” Elliott や “the Rose” Rosetta Hinesの番組を聞いていたという。ディスコがフェイドアウトし、よりプログレッシブな音楽が出始めた頃(当時デトロイトではハウスやテクノ、またそのプロトタイプ的なものは”Progressive”と呼ばれていた)、The Wizardと名乗っていたJeff MillsやElectrifying Mojoがラジオ電波上で新しいアーティストをプッシュし続け、世界中からの音楽をリスナーに提供していた。ヒップホップ、エレクトロ、テクノ、ハウス、ディスコをミックスするそのフリーなスタイルに大きく影響されたという。Home Grownというヒップホップグループでトラックメイカーとして活動していたが、Theo Parrishに出会い、『Essential Selections』Vol.1と2をSound Signatureからリリース。Rick Wilhite、Kenny Dixon Jr. aka Moodymann、Theo Parrishで構成されていた3Chairsに、4番目のメンバーとしてDJツアーやプロダクションに参加している。また、Theo 、Omar-S、Marcellusのプロジェクト、T.O.M Projectにも参加し、Omar Sのレーベル、FXHEからはM.Pittmanとして『M.Pittman EP』と『#2』をリリースしている。デトロイトの新興レーベル/ディストリビューター、FITからリリースされた12”レコード、M.PITTMAN『Erase The Pain』は、某大御所DJ達の間でカルト的賞賛を得た。Hungry Ghost (International Feel)、Ackin’ (Internasjonal)、Madteo、Nina Kraviz、Erika (Interdimensional Transmissions)、Motor City Drum Ensemble、FunkadelicらにRemixを提供している。

http://www.unirhythm.net
http://www.facebook.com/Unirhythm.M.Pittman

RA page: https://jp.residentadvisor.net/dj/marcelluspittman

Schedule Category : AHB PRODUCTION 

11月 2018
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC